あん鍼灸院

香川県高松市木太町にある脈診調氣鍼法はり専門 『あん鍼灸院』 です。
お悩みの「爪甲剥離症」「リウマチ・ヘバーデン結節症」「アトピー性皮膚炎・掌蹠膿疱症などの皮膚疾患」「花粉症などのアレルギー疾患」 「自然妊娠できない」「子宮内膜症・卵巣嚢腫などの婦人疾患」「機↓況薪尿病」「緑内障などの眼疾患」「耳鳴り・嗅覚障害などの耳鼻疾患」「味覚障害・咳・喘息などの口舌咽喉疾患」 「顔面などの麻痺・痙攣疾患」 「鬱・パニック障害・自律神経失調症」「過敏性腸症候群などの消化器疾患」「バセドウ・橋本病などの甲状腺疾患」「ネフローゼなどの泌尿器疾患」「関節疾患」「頭痛などの血管疾患」の《根本治癒》を目標に、安全で”痛くない”鍼術で『氣の調整』をします。当院のコンセプト、理念、治療方針をご覧下さい。
ご予約は電話:087-887-1466にどうぞ。
<< 『更年期障害』【治験例8】|あん鍼灸院 | main | 『顔面麻痺(末梢性)』【治験例7】|あん鍼灸院 >>
『顔面麻痺(末梢性)』【治験例6】|あん鍼灸院
0

    あん鍼灸院は、患者様の病を”一時的に症状をとる”治療ではなく、しっかり”体質改善”をはかり、病が再発しないように根本治療することが最も大切なことと考えています。そのために鍼灸術をもって、体と病、および経絡の「陰陽虚実」を診て「気の調整」(患者様の気、すなわち、体表を流れるエネルギーの過不足を調整し、または気の働きを妨害する邪気を取り除き、そして、気の滞りを流すこと)をする治療をしています。
    ここでの治験例は、症状と治療経過を中心として詳細な治療方針は省略しています。なお、内容については個人情報保護法を遵法し、一部、割愛します。

    1.主訴
    顔面神経麻痺(末梢性)

    2.患者様
    80歳代前半 女性

    3.初診
    2014年2月

    4.現病歴と症状
    1)1月初めに発症。その前々日からめまいが起こっていた。その夜、顔面に麻痺が起こった。
    2)翌日、耳鼻科病院に行ったところ「左側顔面神経麻痺」と診断された。治療はステロイド剤を服用した。3週間、治療を続けても麻痺が治らなかった。それ以上の治療はなかった。
    次の症状があった。
    a)眼;左麻痺側は、完全に瞼を閉じることが出来ない。眼を閉じようとすると眼球が上に向く(兎眼)。
    b)額の皺;額に皺を作ろうとしても左麻痺側に皺が出来ない。
    c)口唇;左麻痺側の上下口唇間が閉まらず、さらに口角が下がっている。水を飲むと口から少し漏れる。口笛を吹くことができない。
    d)鼻唇溝;左麻痺側の鼻唇溝(ほうれい線、鼻から出て口の横を走る皺)が消えている。
    e)味覚;味は感じる。
    f) 聴覚;以前からずっと、左耳に難聴がある。耳鳴りはない。
    g)嗅覚;嗅覚障害がある。殆ど臭いが分からない。これは顔面神経麻痺以前からの症状である。
    h)涙腺;涙が流れ出る。しかし、眼が乾燥する。乾燥すると眼がピリピリと痛い。それで眼帯をしている。
    病院の治療では良くならないことが分かり、当鍼灸院に来院した。元来、顔面神経麻痺はステロイド剤で治癒するものではない。

    5.治療結果
    (1回目) 脈診と腹診、および問診等から体と病、および経絡の「陰陽虚実」を診て治療方針を決定。鍼で経絡の気の調整を行い、治療を開始。
    (2回目)前回の治療後、1回の治療で早くも効果が出て顔が楽になった。左顔面の麻痺が少し良くなっていた。口から水がこぼれ難くなった。今回の治療も同じ方針で行った。以降、同じ治療方針。
    (4回目)患側の下瞼が緩んで垂れ、眼瞼が少し開いている。それで涙が流れ落ちる。まばたきも減少して、涙を眼全体に届けられないので眼がチカチカする。左の鼻孔から鼻汁が流れ落ちる。しかし、口角は少し上がった。
    (6回目)左眼の内側を押さえるとチカチカして痛い。左眼外側は涙が流れそうになる。額の皺が作れ、口から水はこぼれなくなった。鼻汁も流れる量が少なくなった。
    (8回目)涙は流れるようにでている。しかし、まばたきが少ないためドライアイになっている。
    (11回目)涙が垂れなくなった。耳の後ろの痛みがなくなっていた。
    (12回目)口の中心が顔の真ん中によってきた。
    (17回目)顔面神経麻痺の症状は、以下のように殆ど完治した。
    a)眼;眼をキュッと強く閉じれるようになった。兎眼はない。下瞼の下垂もなくなった。
    b)額の皺;額の皺を強く作れる。
    c)口唇;水が口から漏れることは全くない。
    d)鼻唇溝;はっきりでている。
    e) 涙腺;涙が流れ出なくなった。さらに眼が乾燥することもない。
    今回で経絡の変動がなくなった。治療を終了した。

    病院での治療は、ステロイド剤の投与です。しかし、これでは「顔面神経麻痺」を治すことができません。ご自身の治癒力だけでも良くなりますが、かなりの方に後遺症が残ります。口角や眉、瞼が片側だけ下がっている方を見かけますが、これらは後遺症です。目に見えなくても、唾液がでないとか、涙が出なくてドライアイになっているとか、逆に涙が流れる、食べ物を噛むと涙が出る、頬が引っ張られるなど、日常生活に支障をきたしている方が多いように思います。発症当初はあわてて病院へ行くと思いますが、すぐに当院の鍼灸治療をお受けください。それが、最も確実で安全です。電気パルス治療や電気通電鍼は病院や鍼灸院の一部で行われている治療ですが、これが顔面神経麻痺を悪化させるのは現在、常識です。治療が不適切で、慢性化して後遺症が残っている方も遅くはありません。発症から時間が経つ程、治る速さは遅くなりますが、鍼治療で治ります。
    また、『顔面神経麻痺』が「鍼治療」で完治することも常識です。

    『顔面麻痺(末梢性)』【治験例まとめ1】|あん鍼灸院

    「あん鍼灸院の治療方針」
    「あん鍼灸院で治る病症」
    「あん鍼灸院へのアクセス」
    (遠方よりお越しの患者様へ)

     

    | あん | 『顔面などの麻痺・痙攣疾患』 | 15:10 | comments(0) | - |









    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 『緑内障・白内障』【治験例1】|あん鍼灸院
      あん (06/11)
    • 『緑内障・白内障』【治験例1】|あん鍼灸院
      aya (06/10)
    • 『顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振』【治験例】|あん鍼灸院
      emi (05/04)
    • 『顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振』【治験例】|あん鍼灸院
      あん鍼灸院 (05/03)
    • 『顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振』【治験例】|あん鍼灸院
      emi (04/30)
    • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
      あん (08/30)
    • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
      りえ (08/28)
    • 『難聴・耳鳴り・耳閉』【治験例3】|あん鍼灸院
      あん (03/22)
    • 『難聴・耳鳴り・耳閉』【治験例3】|あん鍼灸院
      篠崎 (03/21)
    • 遠方からの患者様へ
      あん (06/10)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE